【体操】不幸の先に、歓喜の「金」 モン族の血引く18歳リー

 体操女子個人総合決勝で平均台の演技をするスニーサ・リー=29日、有明体操競技場
 体操女子個人総合決勝で平均台の演技をするスニーサ・リー=29日、有明体操競技場
度重なる不幸の先に、歓喜の瞬間が待っていた。29日の体操女子個人総合決勝で金メダルに輝いた初出場のスニーサ・リー(米国)は2019年に父がはしごから落下して半身不随となり、新型コロナウイルス禍では相次いで親類を失った。自身は20年に左足を骨.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録