【バドミントン】歴史刻む渡辺、東野組 原点は福島での中高時代

 混合ダブルスで銅メダルを獲得し笑顔で撮影に応じる渡辺勇大(右)、東野有紗組=武蔵野の森総合スポーツプラザ
 混合ダブルスで銅メダルを獲得し笑顔で撮影に応じる渡辺勇大(右)、東野有紗組=武蔵野の森総合スポーツプラザ
日本バドミントン界に新たな歴史を刻んだ。混合ダブルスの渡辺、東野組が3位決定戦を制し、この種目で日本勢初のメダル。過去5戦5勝の香港ペアを21―17、23―21で下した。渡辺は目に涙を浮かべ「(メダルを)取ると取らないでは全然違う。東京五輪.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録