【ソフトボール】20歳の後藤が原動力 未来照らす「ポスト上野」

 米国戦の6回途中から登板した後藤=横浜スタジアム
 米国戦の6回途中から登板した後藤=横浜スタジアム
チーム最年少の20歳、後藤(トヨタ自動車)が日本の金メダル獲得の原動力となった。1次リーグでは4試合、計9回2/3を無失点で21三振を奪い、3勝を挙げた。急成長を遂げ「自分自身でもびっくりというか、実感が湧かない」。決勝でも2点差の六回無死.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録