【北信越インターハイ】バスケ男子柴田 緊張で序盤から苦戦

創部3年目で、初の全国大会に臨んだ柴田男子。立ち上がりは緊張から思うように動けず、第1クオーターは9―25と大苦戦した。後半は持ち味の守備から追い上げ、10点差まで詰め寄ったところで試合終了。エース齊藤凪は「最初から自分たちのバスケができて.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録