時評(7月24日)

自民党が秋までに行われる衆院選に向け焦燥感を募らせている。菅政権が発足した昨年9月以降、与野党対決型の知事選や4月の衆参3選挙で敗北が続いた上、今月の東京都議選でも不振だったためだ。最大の不安は内閣支持率が過去最低に落ち込む中、菅義偉首相が.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録