部下の負傷隠蔽 むつで射撃訓練中 海自、航空隊員ら2人停職処分

海上自衛隊は20日、部下の隊員を負傷させたにもかかわらず、虚偽の報告を行い、事実を隠蔽(いんぺい)したとして、むつ市の第25航空隊の40代男性1等海尉と、元同隊の50代男性3等海尉を停職20日の懲戒処分にしたと発表した。 大湊地方総監部によ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録