コロナ禍の夜、照らす1800発 南部町でジャックド花火大会 

1800発の花火が夜空を彩った「ジャックド花火大会」
1800発の花火が夜空を彩った「ジャックド花火大会」
南部町で13日、「ジャックド花火大会」が開催された。同町では例年7月に「ジャックドまつり」が開かれるが、今回は新型コロナウイルスの影響で規模を縮小したが、1800発の花火が夜空を彩り、町民の目を楽しませた。 昨年の同まつりはコロナ禍で中止。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録