土用ウナギ、専門店苦戦 コロナ禍で客足鈍く

 シラスウナギの取引価格と池入れ量の動向
 シラスウナギの取引価格と池入れ量の動向
ウナギの消費が最盛期となる「土用の丑(うし)の日」を28日に控え、業界からはかば焼きの販売苦戦への懸念が強まっている。新型コロナウイルス禍で専門店への客足が鈍い上、東京五輪の無観客開催で観光客需要が見込めなくなったためだ。一方、スーパーやイ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録