【五輪意義巡る首相発言】「コロナ打ち勝つ」封印 共生社会と団結に変遷

 東京五輪を巡る菅首相発言の推移
 東京五輪を巡る菅首相発言の推移
東京五輪の開催意義を巡る菅義偉首相の発言が変遷している。昨年9月の就任時から掲げてきた「新型コロナウイルスに打ち勝った証し」は、感染収束に程遠い状況から封印。代わりに世界の団結やパラリンピックを意識した共生社会のアピールが目立ち、取って付け.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録