祇園祭2年ぶりの山鉾建て 巡行中止も技術継承で

 京都市中心部で行われた「山鉾建て」=10日午前
 京都市中心部で行われた「山鉾建て」=10日午前
京都・祇園祭で使われる巨大な山鉾(やまほこ)の組み立てが10日、京都市中心部の四条通周辺で始まった。最大の見せ場となる「山鉾巡行」は新型コロナウイルスの影響で2年連続中止が決まっている。荒縄のみで山車を組み立てる「山鉾建て」は伝統技術継承の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録