久慈で国内初の化石複数 白亜紀後期、肉食恐竜の歯

2016年以降に発掘された計6点の化石。ティラノサウルス類の歯(手前右端)を除くと全体的に小さい=9日、東京都内
2016年以降に発掘された計6点の化石。ティラノサウルス類の歯(手前右端)を除くと全体的に小さい=9日、東京都内
久慈琥珀博物館などは9日、久慈市の同館周辺で今年3月までに見つかった化石について、国内の白亜紀後期(約9千万年前)の肉食恐竜「リカルドエステシア」や「パロニコドン」の歯と特定したと発表した。肉食恐竜の化石と分かったのは3種類5点で、いずれも.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録