名農高生がジュノハート箱詰め作業/南部町

ジュノハートの箱詰めを行う生徒たち
ジュノハートの箱詰めを行う生徒たち
青森県立名久井農業高(浅利成就校長)で2日、サクランボの県独自品種「ジュノハート」の箱詰め作業が行われた。贈答用となるため、参加した生徒たちは傷が付かないよう慎重に作業を進め、南部町が誇るフルーツの振興に思いをはせた。 町ジュノハート生産者.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録