東通村沖で遊漁船が航行不能 漁協が救助、船長ら2人けがなし

八戸海上保安部によると、4日午後5時20分ごろ、東通村沖を航行中だった遊漁船兼作業船「第18征海丸」(9・7トン、北海道積丹町)の船長から「プロペラにロープが絡まり、航行できなくなった」と118番通報があった。同海保からの救助協力要請で駆け.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録