【中国共産党100年】「病人」から大国へ 巧みな独裁、世界に膨張

 中国共産党の歩み
 中国共産党の歩み
欧米列強の侵略で満身創痍(そうい)の「病人」と呼ばれた中国で生まれた共産党が1日、創建1世紀を祝った。独裁が揺らぐ危機を何度も迎えながら、支配の正統性の根拠を伝統的な社会主義から経済成長へと巧みに切り替え、民主化の波も押し返し崩壊論を克服。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録