コンテナ集荷強化へ補助事業 八戸港関係者、横浜市と協定締結

八戸港国際物流拠点化推進協議会(会長・小林眞八戸市長)は1日、国際フィーダー航路を活用した貨物の取り扱い増加に向け、横浜市と協定を締結した。八戸―横浜港間を利用する荷主に対し、横浜市がコンテナ(20フィート換算)1個当たり1万5千円を補助す.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録