簡単調理で魚消費拡大を 水産庁、官民連携を強化

 生鮮魚介類の1世帯当たりの購入量推移
 生鮮魚介類の1世帯当たりの購入量推移
水産庁は24日、水産物の消費拡大策を話し合う検討会の報告書を公表した。共働き世帯の増加で食事の簡便化志向が強まる中、調理の手間が魚料理を敬遠する要因と指摘。簡単に調理できる水産品の開発や、水産物の普及活動に官民一体で取り組むことを提言した。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録