ビットコインに環境懸念 採掘で火力発電所復活も

 4月、環境保護団体がニューヨーク州の火力発電所前で行った抗議活動(環境問題ジャーナリスト、ピーター・マンティアス氏提供・共同)
 4月、環境保護団体がニューヨーク州の火力発電所前で行った抗議活動(環境問題ジャーナリスト、ピーター・マンティアス氏提供・共同)
暗号資産(仮想通貨)の代表格であるビットコインの取引がもたらす環境負荷に米国で懸念が高まっている。新たなコインを生み出す「マイニング(採掘)」と呼ばれる膨大なデータ処理のため、石炭など温室効果ガスを排出する化石燃料を使った安い電力の消費が急.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録