業務上横領罪の被告 起訴内容否認/地裁八戸

かつて勤務していた協同組合の口座から現金60万円を横領したとして、業務上横領の罪に問われた、八戸市下長4丁目、経理事務員の被告の女(64)の初公判が18日、青森地裁八戸支部(細包寛敏裁判官)であり、被告は、横領したとされる現金について「自分.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録