平和の願い込め中尊寺走る 岩手聖火リレー3日目

 聖火のトーチを掲げて走る、スノーボード平昌冬季五輪代表の岩渕麗楽選手=18日午前、岩手県一関市
 聖火のトーチを掲げて走る、スノーボード平昌冬季五輪代表の岩渕麗楽選手=18日午前、岩手県一関市
東京五輪の聖火リレーは18日、岩手県で3日目を迎え、一関市を出発した。平泉町では世界遺産中尊寺の参道を巡り、書道家武田双雲さん(46)が世界平和への願いを込めて走った。 平泉は平安時代、戦乱のない世を願った奥州藤原氏によって栄えた。東日本大.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録