AP通信、実名報道を一部中止 ネット記事の弊害指摘

【ニューヨーク共同】米国のAP通信は17日までに、軽微な犯罪で訴追された人の実名を今後は報じないと明らかにした。記事がインターネット上に残り、その後の人生を困難にしかねない長期の損害を与える可能性があると強調。軽微犯罪の場合「身元情報は一般.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録