【ワクチン職域接種】原燃、7月から8000人対象に実施

日本原燃は10日、六ケ所村の再処理事業所構内で、7月上旬から新型コロナウイルスワクチンの職域接種を始めると発表した。社員とグループ会社社員の3千人、協力会社社員の5千人が対象。1日当たりの接種人数や完了時期は未定。 構内に会場を設け、産業医.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録