IGR赤字2億7000万円、過去最大 20年度決算、コロナで利用減

八戸駅に停車中のIGRいわて銀河鉄道の車両=2020年7月、八戸市
八戸駅に停車中のIGRいわて銀河鉄道の車両=2020年7月、八戸市
IGRいわて銀河鉄道(盛岡市)は7日、2020年度決算を公表した。当期純損益は2億7465万円の赤字を計上し、赤字額は開業した02年度以来、最大となった。赤字は2期連続で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う利用客の減少などが響いた。 営業損.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録