「選択間違いなかった」 内村、こだわり捨て悲願

 体操の種目別鉄棒で東京五輪代表入りを決めた内村航平。五輪4大会連続出場となった=6日、群馬県の高崎アリーナ
 体操の種目別鉄棒で東京五輪代表入りを決めた内村航平。五輪4大会連続出場となった=6日、群馬県の高崎アリーナ
こだわりを捨てても、どうしても欲しかった東京五輪の切符だった。体操ニッポンの第一人者、内村航平(ジョイカル)は競技人生の命運を分ける決断を経て、悲願の代表入りを果たした。「選択したことは間違いじゃなかった」との言葉に実感がこもった。 「6種.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録