【新型コロナ】病床使用率は津軽で逼迫 三戸、新郷など5町村は感染ゼロ

感染者の発生状況・居住地市町村別(30日現在)
感染者の発生状況・居住地市町村別(30日現在)
青森県は31日、新型コロナウイルスに感染した人の入院に伴う医療圏域別の病床使用率と市町村別の感染状況(いずれも30日時点)を初めて明らかにした。病床使用率は津軽地域(弘前市など)84%、西北五地域(五所川原市など)71%と、津軽地方で高い水.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録