Free八戸市プレミアム商品券、飲食店や小規模店応援分も 利用は10月から4カ月間

新型コロナウイルスの経済対策として発行される八戸市プレミアム商品券について、市や八戸商工会議所などで組織する実行委員会は31日、事業の概要を明らかにした。販売金額1万円で1万3千円分(千円券13枚つづり)使える1セットの内訳は、参加全店舗で利用できる共通券8千円分と、利用店舗を飲食店や小規模店舗に限定する応援券5千円分とした。利用期間は10月から来年1月末までの4カ月間を予定する。

 商品券は密を避けるため事前予約制とし、8月中をめどにはがきや特設ウェブサイトで申し込みを受け付ける。市民を対象に計8万セット発行し、1人5セットまで購入可能。応援券の利用は、店舗面積にもよるが、百貨店や総合スーパー、ホームセンターなどを除く。

 応募多数の場合は抽選で、当選者に引換券を送付する。引き換えは10月中を予定。引き換え場所は市内の集客施設を想定し、今後詳細を詰める。参加店は6月中旬から1カ月程度、市内に店舗を持つ事業者を対象に募集する方針。

お気に入り登録