アブラメ稚魚本年度初出荷 県栽培漁業振興協会/階上

アブラメの稚魚を搬出用の水槽に移す職員
アブラメの稚魚を搬出用の水槽に移す職員
階上町の青森県栽培漁業振興協会(木浪昭代表理事)は26日、町の魚であるアブラメ(アイナメ)の稚魚を、町と官学連携協定を結ぶ県立八戸水産高へ出荷した。関係者は種苗生産技術と地域経済の発展を願った。 同協会は1992年、量産が困難とされてきたア.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録