量子機構六ケ所研究所 レアメタル省エネ精製

六ケ所村などで核融合の研究を行う量子科学技術研究開発機構は27日、核融合炉の部材となるレアメタル「ベリリウム」について、従来より省エネルギーで、二酸化炭素の排出抑制につながる新たな精製技術を開発したと発表した。ほかのレアメタルへの適用も可能.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録