Free還付金詐欺で女性が200万円被害/弘前署

弘前署は27日、青森県内の60代女性が、保険料の還付金名目で現金約200万円をだまし取られたと発表した。特殊詐欺事件として捜査している。

 26日午前11時15分ごろ、女性方に弘前市役所の国民年金課職員を名乗る男と銀行員を名乗る男から電話があり、「払い過ぎた保険料があり、3万2400円を還付します」などと言われた。女性は現金自動預払機(ATM)に向かい、教えられた番号に電話。男の指示に従ってATMを操作した。

 27日、女性が通帳を記帳したところ、近畿地方と関東地方の金融機関に開設された二つの個人名義の口座に計199万7052円を振り込んでいたことが判明し、署に相談した。

お気に入り登録