時評(5月27日)

東京五輪まで2カ月を切る一方、新型コロナウイルス感染は収束の兆しが見えない中で、政府は五輪開催の方針を堅持し続ける。だが、医療体制逼迫(ひっぱく)を憂える関係者から五輪中止要求が高まり、政府の危機管理が問われる事態となっている。 菅義偉首相.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録