Free朝のニュースダイジェスト(5月25日)

【光星が3年ぶりV】
 春季青森県高校野球選手権最終日は24日、八戸市長根球場で決勝が行われ、八学光星が10―5で工大一を下し、3年ぶりの栄冠を手にした。

 【期成同盟会が解散へ】
 八戸・久慈自動車道建設促進期成同盟会は24日、八戸市内で定時総会を開き、同自動車道が今年3月に全線開通したことを受け、同盟会を解散する方針を決めた。

 【統合を正式決定】
 岩手県教委は24日、県立高校再編計画後期計画(2021~25年度)をまとめ、福岡工(二戸市)と一戸(一戸町)を当初の方針通り24年度に統合すると正式決定した。

 【富士大が制す】
 北東北大学野球春季リーグは24日、岩手県営野球場で1部2試合を行い、富士大がノース大に9―0の七回コールド勝ち。通算9勝1敗として2季連続優勝を決めた。

 【八戸で個別接種開始】
 一般高齢者への新型コロナウイルスワクチン個別接種が24日、八戸市内医療機関で始まった。対象は約6万5500人。6月中に全員が2回接種できる量が供給される見通し。

お気に入り登録