不漁対策に「多目的船舶」 報告書骨子、操業転換促す

 3魚種の漁獲量推移
 3魚種の漁獲量推移
水産庁は20日、サンマなどの不漁対策を話し合う有識者検討会の報告書骨子案を公表した。1隻で複数の魚種を取る「多目的船舶」など、一つの資源に頼らず収入源を多角化する新たな操業形態への転換促進を柱に据えた。漁船の電化による燃油使用量削減など地球.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録