「ネットトラブル経験」1年で300件 高校生対象に初の調査

消費生活トラブルの内訳と、日常的に活用しているSNS
消費生活トラブルの内訳と、日常的に活用しているSNS
2022年4月から成人年齢が18歳に引き下げられる民法改正を前に、青森県は17日までに、県内の高校生を対象に初めて実施した消費生活の実態調査結果を公表した。回答があった2788人のうち、「この1年間にトラブルを経験した」は延べ309件あり、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録