損傷の海底ケーブル、6月に回収開始/電源開発ネット

本州と北海道をつなぐ送電ケーブル「北本直流幹線」が2018年に損傷し油が流出した問題で、電源開発送変電ネットワークは7日、損傷ケーブルの回収を6月から開始すると発表した。回収するのは全長約170キロのうち約43キロの海底部分で、工事は2年後.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録