【西目屋村官製談合】贈賄の会社代表に有罪判決/青森地裁

西目屋村が発注したパソコンや児童用タブレット端末購入の指名競争入札を巡り、前村長の関和典被告(54)と共謀したとして、贈賄、公契約関係競売入札妨害の罪に問われた青森市のソフトウエア販売会社「よつば」代表の土岐恒純被告(53)の判決公判が30.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録