百石幼稚園、取り壊し前の旧園舎にアート 卒園生らも別れ

虹をテーマに感謝の気持ちを表す絵が描かれたもも組の教室
虹をテーマに感謝の気持ちを表す絵が描かれたもも組の教室
おいらせ町の百石幼稚園(吉田絹恵園長)の0~6歳児90人は、完成して間もない新園舎に隣接する旧園舎の取り壊しが始まる前に、施設内を夢いっぱいのアートで彩った。壁や床をキャンバスに花や虹などを描いたり、メッセージを記したりして、慣れ親しんだ園.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録