【クラスター続出】青森県内、3月末から16件 社会経済活動に多大な影響

年度替わりで人の流れが活発化した3月下旬以降、青森県内で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が急増している。青森市で障害者施設の大規模クラスターが起きた3月31日を起点とした場合、今月21日までのわずか3週間程度の間に計16件が発生.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録