青森県重宝の指定書、所有者に交付 斗賀神社(南部)ゆかりの舞楽道具など

稲葉克徳課長(左)から青森県重宝の指定書を受け取った所有者の男性
稲葉克徳課長(左)から青森県重宝の指定書を受け取った所有者の男性
2月に青森県重宝に指定された、南部町の斗賀神社ゆかりの舞楽道具などに対する指定書が16日、所有者の男性に交付された。男性は「郷土史の研究を進める史料として活用してもらえたら」と語った。 県重宝に指定されたのは、同神社内のお堂「斗賀の霊現堂」.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録