安全確保へ緊急時の手順確認 八戸漁港で海難防止訓練

人間に見立てたブイを船から陸上に移動させる参加者
人間に見立てたブイを船から陸上に移動させる参加者
八戸遊漁船瀬渡船海難防止協議会(石戸宏明会長)は15日、八戸漁港鮫地区で、海難防止訓練を行い、関係者が緊急時に対応できるよう手順を確認し、万全を期した。 災害発生時に釣り客の安全を確保するため、昨年に引き続き実施。同協議会の会員や関係する漁.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録