二戸市大村町内会、鍵かけモデル地区に

南部一成署長(右)から指定書を手渡される久慈喜一会長
南部一成署長(右)から指定書を手渡される久慈喜一会長
二戸警察署(南部一成署長)と二戸地区防犯協会連合会(会長・藤原淳二戸市長)は9日、同市の大村町内会(久慈喜一会長)を「鍵かけモデル地区」に指定した。同町内会の230世帯に戸締まりの徹底を呼び掛け、盗難被害の防止を目指していく。期間は来年3月.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録