【日朝間秘密交渉】菅政権もパイプなしか 拉致解決へ険しさ増す

北朝鮮の秘密交渉役が日本側との連絡を絶ったことで、日本人拉致問題解決への道は険しさを増している。安倍晋三前首相が在任中、事態を打開できなかった背景に、この日朝間のパイプ断絶があったのは明白だ。対北朝鮮交渉のバトンが菅義偉首相の手に渡った現在.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録