処理水海洋放出「誰も同意しない」 漁業関係者は風評被害懸念

政府が東京電力福島第1原発の汚染水を浄化した後の処理水を、海洋に放出する方針を固めたことに対し、青森県内の漁業関係者からは9日、反対意見や風評被害が出るとの不安の声が相次いだ。年々、悪化する不漁と新型コロナウイルスの感染拡大に伴う魚価低迷で.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録