コロナ後の肺障害に生体移植 京大病院が世界初、女性患者に夫と息子提供

 新型コロナ感染後の肺障害に対する京都大での生体肺移植
 新型コロナ感染後の肺障害に対する京都大での生体肺移植
新型コロナウイルス感染によって左右両方の肺がほぼ機能しなくなった女性患者に対し、健康な夫と息子の肺の一部を提供する生体移植手術を世界で初めて実施したと、京都大病院が8日、発表した。手術は7日に行われ、約11時間かかって終了。夫と息子の経過は.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録