民泊施設が遺体安置所に/大阪 法規制なく野放し状態

 遺体の一時保管場所として利用されている民泊施設=3月、大阪市
 遺体の一時保管場所として利用されている民泊施設=3月、大阪市
大阪市住吉区の民泊施設が遺体の安置場所に使われていることが判明し、近隣住民とのトラブルに発展した。葬儀業者から火葬までの一時安置を請け負うビジネスは全国でも広がっている。ただ、運営資格や施設の条件など法規制はなく「野放し状態」なのが実情だ。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録