【まん延防止措置初適用】変異株、関西拡大一因 全国波及に警戒

 新型コロナウイルス変異株の広がり
 新型コロナウイルス変異株の広がり
新型コロナウイルス対策として、宮城、大阪、兵庫の3府県で「まん延防止等重点措置」の適用が決まった。中でも関西では、感染力が高まったとされる変異株が急激なリバウンド(再拡大)の要因との見方が強まる。変異株が各地に広まれば全国的な急増を招きかね.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録