Freeお目当ての遊具に歓声 八戸公園こどもの国、今季オープン

青空の下、元気に遊具で遊ぶ子どもたち=1日、八戸公園こどもの国
青空の下、元気に遊具で遊ぶ子どもたち=1日、八戸公園こどもの国

八戸市十日市の八戸公園こどもの国で1日、今季の営業が始まった。初日は晴天に恵まれ、多くの家族連れらが来園。子どもたちの元気な声が園内に響いた。

 青森地方気象台によると、この日の八戸の最高気温は15・5度で、4月下旬並みの暖かさとなった。

 オープンを心待ちにしていた子どもたちは、ジェットコースターやメリーゴーラウンドなどお目当ての遊具に乗り、歓声を上げていた。母親と訪れた市立白鷗小3年の渡辺恵怜奈さん(8)は「回転ブランコが高くて気持ちよかった。久しぶりで楽しい」と笑顔で話した。

 同園は昨年、新型コロナウイルスの感染拡大で開園が5月下旬にずれ込んだ。同公園を管理する三八五流通の小笠原恵子公園課長は「安全に楽しめるように感染症対策を講じている。たくさんの方に来場してほしい」と話した。

お気に入り登録