再処理機構に過料金1万円 理事長再任時の登記せず

使用済み核燃料の再処理事業を担う国の認可法人「使用済燃料再処理機構」(青森市)は25日、2018年10月に初代理事長を初めて再任した際、登記手続きをしていなかったと発表した。 20年10月の理事長交代で登記した際、青森地方法務局からの指摘で.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録