Free「八戸ワインカレッジ」初のオンライン開催

八戸ワインの醸造法についてオンラインで語る澤内昭宏さん
八戸ワインの醸造法についてオンラインで語る澤内昭宏さん

八戸市が主催する「八戸ワインカレッジ」が18日、初めてオンラインで開催された。同市のワイン醸造家、澤内昭宏さんら3人の講義を通し、参加した市内外の21人がワイン醸造法や和洋食とのペアリングについて知識を深めた。

 八戸ワインの魅力発信とブランド力向上を図ろうと2018年から実施。毎年、4回程度開いていたが、本年度は新型コロナウイルスの影響で、今回が初開催となった。

 澤内さんのほか、シニアソムリエで同市鷹匠小路の飲食店「素材礼賛 丹念」の店長久慈竜太郎さんと、ソムリエールで同市田向5丁目の「キッチンプルトワ」の林千佳さんが講義。参加者には事前に八戸ワインと、久慈さんからサワラの豆乳入りみそ煮が、林さんからビーフシチューとオリーブのペーストが配られ、講義を聞きながらそれぞれを味わった。

 澤内さんが自身の醸造所でワインの仕込みについて解説した後、久慈さんが「和食のみりんやだし、しょうゆを使った料理はワインに合う」と力説。林さんは「ワインの温度に気を付けるだけで、ずっと味わいが変わる」と強調した。

 講義後、参加者からは「酸化を防ぐ亜硫酸についてどう思っているのか」などといった質問が次々と上がり、講師陣がそれぞれ丁寧に回答していた。

お気に入り登録