【センバツ】六回から途中出場、得点絡み意地見せる/下井田

9回八戸西無死一塁、下井田大和の中前打で走者が生還し、3―8とする
9回八戸西無死一塁、下井田大和の中前打で走者が生還し、3―8とする
関西入りしてから調子が上がらず、初戦の前日にスタメン落ちを告げられた下井田大和は六回から途中出場。悔しさを振り払うように七、九回に得点に絡み、意地を見せた。 「結果にこだわりすぎて、プレーが安定していなかった」という中で迎えた初戦。6点を追.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録