Free「あおもりアッテラ!」 考案のはちつぶ(八戸)が青森市教委に寄贈

大山知希代表(左)から「あおもりアッテラ!」の説明を受ける成田一二三教育長
大山知希代表(左)から「あおもりアッテラ!」の説明を受ける成田一二三教育長

青森県内40市町村の名物を表すイラストが描かれた絵合わせカードゲーム「あおもりアッテラ!」を考案した、八戸市の情報発信メディア「はちつぶ」(大山知希代表)は17日、ふるさとを知るきっかけにしてもらおうと、青森市教委を通して、市内の全43小学校に同ゲームを寄贈した。

 カードは全部で54枚。3種類の絵合わせゲームで遊ぶことができるほか、トランプとしても使用できる。

 この日は大山代表のほか、同ゲームのデザインなどに携わったデーリー東北新聞社の社内分社「東北のデザイン社」の担当者らが市役所を訪問。成田一二三教育長に目録を手渡した。

 成田教育長は「青森の特徴をゲーム感覚で覚えられる。有効に活用したい」と感謝。大山代表は「アッテラを通して県内の名産品に親しみ、興味を持ってもらえたら」と話していた。

お気に入り登録