【北奥羽のクマ事情】(8)撮影時は距離感が大切

樹上のニホンツキノワグマ=2020年9月、青森県十和田市宇樽部
樹上のニホンツキノワグマ=2020年9月、青森県十和田市宇樽部
クマの撮影では、距離感が大切だと感じています。また、相手に自分の存在を気付かせることも重要です。近づき過ぎて突然姿を現すと、クマもびっくりして、排除しようと反撃することがあります。事故の大半はこのケースと言えます。 大抵はクマから匂いや気配.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録